テキストを暗号化したり復号したりするツール

※暗号化と復号の処理はすべてクライアントサイドで行なわれていますので、情報は一切ネットワーク上に送信されません。

暗号化

暗号化したいテキストを入力します

パスフレーズを入力します。英数文字のみ対応。(これを、情報を渡したい人に教えてください)

このデータを共有してください。パスフレーズが分からない限り、復元できません。

復号

受け取った暗号化データをここにすべて貼り付けてください。

別に知らされているはずのパスフレーズを入力します。

すべてが正しければ、ここにもとのテキストが現れます。

サンプル集。てきとうに選んで復号してみよう!
U2FsdGVkX1+avRHhc+fs3Sae6z5UAmTpMv5nxCyYmOIZtaiaeZM/+ZzFW2BNBLZa (パスフレーズ: love)
U2FsdGVkX1/J537wxQ6Fv1EtcPep9zlq7j9YtxO+id8NEl2I7BNYELgWXqe3wn5aa9LzEaysY9Vx3DFzPSZZ3Q== (パスフレーズ: quest)
U2FsdGVkX1/tgOQ32pD8sUvqyMJTWkM8W9/xGQCQFb9BJyZeMvLQteWD9eSTWSMG (パスフレーズ: supertreasure)
ちょっぴり解説
CryptoJS(3.1.2)を使った、クライアントサイドでの暗号化/復号ツールです。
あらかじめパスフレーズだけを共有しておいて、このツールで暗号化・復号して情報をシェアするようにすると、パスワードなどのデリケートな情報も安全に扱えるかも。秘密のメッセージを伝えっこする、スパイごっこみたいなのもできますね。

暗号化は、ほぼ
echo '元のテキスト' | openssl aes-256-cbc -md md5 -e -base64 -A
と同じことをしますので、
このツールがない場合でも、opensslコマンドだけで復元できます。
つまり、
echo '暗号テキスト' | openssl aes-256-cbc -md md5 -d -base64 -A
ですね。
こんなサイトがなくなったあとのことも考えて、代わりの方法で復元できることを確認するのは大事だよね。

このページのみをローカル保存して、オフラインでも使えるようにしました。

テキストをスクランブルして暗号っぽくするやつも作ってみた。

(免責)このサイトの情報の利用にともない何らかのトラブルや損害・損失がありましても、一切責任を負いませんのでよろしくおねがいします。

サイトトップへ