画像データをスクランブルしたり戻したりするツール

※処理はすべてクライアントサイドで行なわれていますので、情報は一切ネットワーク上に送信されません。

←パスフレーズ。これが合ってないとあとで元に戻せません

スクランブルしたい画像ファイルを選択。jpeg、png、gif等、ブラウザが読める形式ならいける

.

戻したい画像ファイルを選択

すこし説明:パスフレーズのハッシュ値からシード値をつくり、再現性のある疑似乱数(32bitのxorshift)を使って、画像を16x16ピクセルに区切ったものをシャッフルしたり、戻したりします。チップの大きさが16x16で、縦横のチップ数が合っている限り、多少の編集があってもなおスクランブルを復元できるはず。

(免責)このサイトの情報の利用にともない何らかのトラブルや損害・損失がありましても、一切責任を負いませんのでよろしくおねがいします。

サイトトップへ